忍者ブログ
< 11月 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 01月 >
Home > 未選択 > トランプ大統領とヒット・エンド・ランのわ法則

トランプ大統領とヒット・エンド・ランのわ法則

2016年11月10日

2016年11月9日

※ここで言うヒット・エンド・ランは
野球のヒット・エンド・ランです。
スケートのワンメイクして逃げるやつ
ではないです。

トランプの当選と交えて、
子供に伝えていきたいことを、
また語りたいと思います。

まさかまさかの、トランプがアメリカ大統領に当選してしまった。。。
トランプは大統領になって、アメリカを変えたいとか、そんなこと考えてるようには見えない。
金もある、地位もある、次は大統領。
ただ、大統領になりたい。
死ぬ前に一花咲かせてやろう、
大統領になることが目標。
そうとしかみえない。
最初の一年は、たぶん
ヒット・エンド・ランの法則で、
突拍子もないことやらかして、
世界を混乱させて、
残りの3年は、ただ何もせず、
ただ任期を終えるまで
じっと過ごす。
あんなむちゃくちゃな公約も
実現するはずもない。
アメリカに守られなくなった日本は、
ここぞとばかりに標的になる。
中国は尖閣諸島に入ってきて、
北朝鮮は核ミサイルを発射して、
北方領土問題は振り出しに。
混乱に乗じて各地でテロが起きて、
そして世界平和はたもたれなくなる。
最悪は第三次世界対戦の勃発。
頼むから、ヒット・エンド・ランではなく、送りバントにしてください。
とまぁ、時事問題を絡めつつ、
ヒット・エンド・ランの法則を子供に伝えたいで
す。


ヒット・エンド・ランの法則ってのは、学術的にあるような法則ではなくて、俺が勝手に言ってるだけの法則ですけど。。。

簡単に言うと、新しく就任したばかりの
プロ野球の監督は、必要以上にヒット・エンド・ランを使うと言うことです。

何かやらなければ、
何か爪痕を残さないと、
何かしかけないと、
何かこっちから動かないと、
そういう焦り、空回りとも言える、
奇襲を指示する。

組織の上に立つものは、
ただ見守るだけでいいときもあるものです。
定石通りでいいのです。

新しい監督は、経験のなさと、
結果がほしいのとで、
その判断ができず、何かやらなければと
ついつい動いてしまう。
結果、ただ現場をかき回してるだけです。

班長、委員長、キャプテン、
なにかとリーダーになる可能性があります。
注意して動いてほしいなぁと思います☆

そして、トランプのせいで
日本経済がダメージを受けないことを
祈ります。。。


PR
▲page top

Comment

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


▲page top